長崎神社 (豊島区長崎1丁目)

長崎神社 (豊島区)
e0163471_17131098.jpg

住所:豊島区長崎1-9-4



祭神:須佐之男命、櫛名田比売命

境内社:小柳稲荷神社、長崎招魂社

御由緒:
 長崎神社の創建年代は詳らかでありません。江戸時代の中期には十羅刹女社といわれていました。明治五年には村社に定められ須佐之男命を合祀して氷川神社と称したが、明治七年長崎神社と改称して今日に至っております。

例祭日:9月第2日曜

以上、東京都神社庁より

 境内には、豊島区教育委員会による案内板も設置されています。
e0163471_17132737.jpg



以下、写真および雑感

 長崎神社は西武池袋線長崎駅のすぐ近くにあります。街中の神社としては大きな木があるのが印象的です。駅から近いためか、比較的参拝者が多く、若い人も参拝されていました。
e0163471_17141051.jpg



 境内に入ってすぐの迎えてくれる狛犬は残念な姿になっていました。対になっている両方ともですから、単純に落として割れてしまったというような事故ではなさそうです。大正6年(1917年)に作られたようですが、経年劣化か、いたずらか、はたまた鬼あざみ清吉の墓のように誰かが願掛けに削ってしまったか、謎です。
e0163471_17142138.jpg



 「日露戦役記念碑 元帥 公爵 山縣有朋 書」、裏に回ると「長崎村 出征軍人」とあり、名前が彫られています。建立は明治41年(1909年)、日露戦争(1904~1905)の四年後ですね。歴史上の評価は様々ある山縣有朋ですが、建立当時は71歳。すでに二度の総理大臣を経験し、元老としてにらみをきかせていた時期でしょうか。
e0163471_17143163.jpg



 一段上には木の鳥居と、ちょっとしゃれた台座の狛犬があります。狛犬は凝っていて面白いと思うんですけど、当の狛犬本体の造形が個人的にはやや雑で残念な気がします。木の鳥居はどちらかといえば小さな鳥居ですが、色やたたずまいがこの場所に合っているのか、趣を感じます。
e0163471_1714426.jpg

e0163471_17145370.jpg



 教育委員会による案内板の中に記述のあった、「十羅刹女」と書かれた手水鉢です。享保18年(1733年)癸丑 十一月吉日。境内のすみの目立たないところにありました。
e0163471_17151254.jpg

e0163471_17152254.jpg



 こちらが、旧社殿にして現在の額堂でしょうか?かなり古い建物です。
e0163471_17153348.jpg



 立派な枝振りの大木が木陰を作っています。
e0163471_17154485.jpg

 拝殿前の狛犬は先の狛犬と比べると普通ですが、立派なものです。
e0163471_1735284.jpg

 拝殿は明治三二年(1899年)の建立です。
e0163471_1731257.jpg

e0163471_17183636.jpg


 本殿向かって左側の奥まったところに、小柳稲荷神社があります。狐が独特ですね。
e0163471_17155491.jpg

e0163471_1716744.jpg

e0163471_17162230.jpg

e0163471_17163456.jpg



 拝殿向かって右側には長崎招魂社があります。横にある碑によると、大正十三年(1924年)六月に日清・日露戦役の戦没者十一柱を祭神として建立され、昭和四十三年(1968年)現在の位置に遷座し、支那事変・大東亜戦争の戦没者もあわせて七百八十一柱を祀っています。
e0163471_17164716.jpg



 長崎神社の隣には、金剛院というお寺があります。正確には、真言宗豊山派蓮華山佛性寺金剛院。教育委員会の案内板によると、長崎神社の別当寺であったことや、長崎神社が「十羅刹女社」(十羅刹女はもともとインドのヒンドゥー教の神様が仏教に取り込まれたもので仏教由来)とも称されていたことから、江戸時代までは金剛院の方が目立つ立場にあったのかもしれません。こちらのお寺のホームページは地域の紹介やお寺のことが親しみやすく書かれていて充実したものなっています。
e0163471_1717522.jpg

 表の通りに面した長崎不動尊とその脇のお地蔵さん。お地蔵さんは寛政8年(1796年)に作られたものでしょうか。
e0163471_17181018.jpg

e0163471_17182421.jpg



 長崎神社境内の様子です。
e0163471_17351289.jpg

e0163471_17184653.jpg

e0163471_17185665.jpg



写真撮影:平成23年9月29日、10月1日
[PR]
by st22 | 2011-10-14 18:46 | 寺社