福田稲荷神社 (文京区大塚6丁目)

福田稲荷神社 (文京区大塚6丁目)
e0163471_16394853.jpg

住所:文京区大塚6丁目





祭神:?(稲荷神ということでいいのでしょう)
由緒:?
 氏子か有志の方かわかりませんが縁起と書かれた紙がクリアファイルに入れられて掲げられていました。しかし、この神社について詳しいことはわかっていないようでした。
e0163471_16401237.jpg


 
以下、写真および雑感

 神社の入り口は住宅地と護国寺・豊島岡墓地をへだてる塀と道路に面した住宅地側にあります。
e0163471_16402388.jpg

e0163471_16402932.jpg



 神社への参道は赤い鳥居が立ち、周辺の住宅への道路にもなっています。
e0163471_16403747.jpg



 お使いの狐が出迎えてくれます。小さな神社にしては立派な狐です。
e0163471_16404961.jpg

e0163471_1640595.jpg



 コンクリートブロックのお社のなかに、町角のお稲荷さんによくあるような祠があります。
e0163471_16411086.jpg

 社の後ろから
e0163471_16411895.jpg

 ちょっと失礼して中を拝見させてもらうと、千羽鶴やお酒が供えられています。
e0163471_164127100.jpg



 左手には現在使用中の手水舎があります。
e0163471_16414040.jpg

 右手には古い水盤がおいてあります。手前のものは昭和22年(1947年)の奉納、奥のものが「縁起」に述べられていた、享保18年(1733年)に奉納されたものです。ちなみに私にもなんと書いてあるのかわかりません。
e0163471_16415153.jpg

e0163471_1642050.jpg



 表の道路から神社への参道に少し入ったところ、隣の家の崩れかけた塀としか思えないところに、草に隠れて文字が彫られていました。
e0163471_16564620.jpg

e0163471_16571251.jpg

 「昔を偲びて」として、ここに宝暦年間に立てられた鳥居があったが大正十二年年(1923年)九月の関東大震災で倒壊してしまったので、その一部を保存する旨書かれています。豊島ヶ岡町会によって昭和34年(1959年)に作られたものです。神社入り口の「福田神社」の碑も、新しい手水舎も昭和34年7月のものですので、このときに大規模な整備がおこなわれたのでしょう。

 「奉納 酉基」とある台のようなものは、一つは壁に埋め込まれていますが、同じようなものがもう一つそばにあります。
e0163471_16572787.jpg

 壁がすぐ後ろにあり、見難いのですが「宝暦十二壬午二月年(1762年)二月初午」と書かれているようです。初午の稲荷の縁日に奉納されたのでしょうか。
e0163471_16573786.jpg

 そばには、石の円柱置かれていましたが、もしかして鳥居の一部でしょうか?
e0163471_16574653.jpg



 小さいながらも、江戸の昔から現在においても信仰の絶えないお稲荷様だと感じました。



写真撮影:平成23年10月21日
[PR]
by st22 | 2011-10-31 22:27 | 寺社