浅間神社 (豊島区高松2丁目)

浅間神社 (豊島区高松2丁目)
e0163471_19335021.jpg

住所:豊島区高松2丁目



祭神:よくわかりませんでした。(浅間神社だから浅間大神または木花咲耶姫命でしょうか?)

由緒:神社としては詳細不明です。富士塚の説明が教育委員会によって設置されていましたので、これを紹介します。

  国指定重要有形民俗文化財 豊島長崎の富士塚
 富士塚は、富士山を神の宿る地として信仰する人々の集まりである富士講によって、江戸時代後期以降、主として富士登山が困難な人々のために、江戸とその周辺地域に築かれたものです。
 この富士講は、角行を開祖とし、江戸中期には身禄によって広められ、最盛期には江戸八百八講と称されるほどの講が結成されて代表的な庶民信仰の一つとなりました。
 豊島長崎の富士塚は、文久二年(一八六二)に富士講の一つである豊島郡長崎村の月三講(講祖は三平忠兵衛)の椎名町元講の人々によって築造されました。高さ八メートル、直径二十一メートルで、表面は富士山の黒ボク石(溶岩)でおおわれています。
 塚内には、頂上に大日如来坐像、小御岳石尊大権現碑、烏帽子岩奉献碑があるほか、合目石、講碑、石仏、天狗像、御胎内などが配置され、約五十基の充実した石造物群で構成されています。浅間神社では、かつてお焚き上げが行われており、奉納された数多くの講碑からは長崎村の人々の富士信仰の強さと近隣地域の人々との交流をうかがい知ることができます。
 この富士塚は、東京都内にある江戸時代に築造された富士塚の中でもよく原型うをとどめていることから、昭和五十四年五月二十一日に国の重要有形民俗文化財に指定されました。その美観と威容を永く後世に伝えるため、昭和六十二年に昭和大改修が行われ、以後浅間神社豊島長崎富士塚保存会によって山掃除や保存修復事業が定期的に実施されています。
 平成十九年(二○○七)三月 豊島区教育委員会
e0163471_19344267.jpg



以下、写真および雑感


 ここは浅間神社とか富士浅間神社とか呼ばれていますが、神社より富士塚がその主役になっています。周囲は静かな住宅地です。神社と富士塚の前面は児童公園になっていて遊具が置かれています。
e0163471_1935062.jpg



 公園に入ると正面に鳥居、右手に手水舎、子供が登ったりしないようにするためか金網に囲われた燈籠があります。
e0163471_19351424.jpg



 手水舎にある古い水盤は、文久二年(1862年)二月のもので富士塚が築かれたときと同年のものです。表には月三講の紋が入っています。裏には「五郎久保中」と彫られています。長崎村五郎久保(以前紹介した五郎久保稲荷の周辺でしょう)の人が奉納したようです。
e0163471_1936783.jpg

 それにしても、富士塚本体が重要有形民俗文化財に指定されているのに比べて、扱いがぞんざいすぎるような気がします。


 燈籠の先は門があり中には入れないようになっています。浅間神社の額を掲げた拝殿らしきものと、奥には祠があります。
e0163471_19362160.jpg

e0163471_19363590.jpg

e0163471_19365649.jpg



 左側の富士塚はさらに高い金網が囲っています。金網の設置は、富士塚が文化財であることか、子供が入り込んだ場合の危険性からか、仕方のないことなのでしょう。
e0163471_19371661.jpg

 正面から。
e0163471_19373141.jpg

 頂上部。
e0163471_1937458.jpg

 天狗像。
e0163471_1938572.jpg

e0163471_19381541.jpg

 富士塚には多くの石碑や仏像らしきものが設置されています。ここで紹介させていただいたものはごく一部です。
e0163471_19382889.jpg

e0163471_19384257.jpg

e0163471_19385631.jpg



 人が入ってこない金網の中にいるためか、余裕たっぷりに眠る猫がいました。
e0163471_1939157.jpg



写真撮影:平成23年11月02日
[PR]
by st22 | 2011-12-19 19:39 | 寺社