筑土八幡神社 (新宿区筑土八幡町)

筑土八幡神社 (新宿区筑土八幡町)
e0163471_17291229.jpg

住所:新宿区筑土八幡町



祭神:応神天皇、神功皇后、仲哀天皇

例祭日:9月15日

境内社:宮比神社 宮比神(大宮売命・天鈿女命)

由緒:
 昔、嵯峨天皇の御世(今から約千二百年前)に武蔵国豊嶋郡牛込の里に大変熱心に八幡神を信仰する翁がいた。ある時、翁の夢の中に神霊が現われて、「われ、汝が信心に感じ跡をたれん。」と言われたので、翁は不思議に思って、目をさますとすぐに身を清めて拝もうと井戸のそばへ行ったところ、かたわらの一本の松の樹の上に細長い旗のような美しい雲がたなびいて、雲の中から白鳩が現われて松の梢にとまった。翁はこのことを里人に語り神霊の現われたもうたことを知り、すぐに注連縄をゆいまわして、その松を祀った。
 その後、伝教大師がこの地を訪れたとき、この由を聞いて、神像を彫刻して祠に祀った。その時に筑紫の宇佐の宮土をもとめて礎としたので、筑土八幡神社と名づけた。
 さらにその後、文明年間(今から約五百年前)に江戸の開拓にあたった上杉朝興が社壇を修飾して、この地の産土神とし、また江戸鎮護の神と仰いだ。
 現在、境内地は約二千二百平方米あり、昭和二十年の戦災で焼失した社殿も、昭和三十八年氏子の人々が浄財を集めて、熊谷組によって再建され、筑土八幡町・津久戸町・東五軒町・新小川町・下宮比町・揚場町・神楽河岸・神楽坂四丁目・神楽坂五丁目・白金町・袋町・岩戸町の産土神として人々の尊崇を集めている。

  宮比神社由来
 御祭神は宮比神で大宮売命・天鈿女命ともいわれる。古くから下宮比町一番地の旗本屋敷にあったもので、明治四十年に現在地に遷座した。現在の社殿は戦災で焼失したものを飯田橋自治会が昭和三十七年に再建したものである。

      平成九年九月吉日建之

境内設置説明板より
e0163471_1731367.jpg


 上記説明板の内容と重なりますが、江戸名所図会には以下のように記されています。
築土八幡宮
 津久戸明神の宮居に並ぶ。地主も神にして、別当は天台宗松雲山無量寺と号す。
 祭神、応神天皇・神功皇后・仲哀天皇以上三座なり。相伝ふ、嵯峨天皇[七八六-八四二]の御宇、この地に一人の老翁住めり。つねに八幡神を尊信す。あるとき、当社の御神この翁が夢中に託して、永くこの地に跡を垂れたまはんとなり。老翁奇異の思いなす。その翌日一松樹の上に、瑞雲靉靆して旌旗のごとくなるを見る(松雲院の号ここに発るといふ)。ときに、一羽の白鳩来つて同じ樹間にやどる。郷人、翁が霊夢を聞きて、ただちにこの樹の下に瑞籬を繞らして、八幡宮と崇む。遥かの後、慈覚大師[円仁、七九四-八六四]東国遊化の頃、伝教大師彫造したまふところの阿弥陀如来を本地仏とし、小祠を経始す。その後文明年間[一四六九-八七]、江戸の城主上杉朝興[一四八八-一五三七]社壇を修飾し、この地の産土神となすといふ(ある書にいふ、「当社の地は往古管領上杉時氏の塁の旧跡にして、時氏の弓箭をもつて八幡宮に勧請なし奉る」と云々)。

 『新訂 江戸名所図会4』(ちくま学芸文庫)より

 東京都神社庁のウェブサイトにも簡単な紹介があります。


以下、写真および雑感

 飯田橋駅からほど近いところに神社はあります。表通りは事務所や店舗が多いのですが、一つ裏の通りには戸建の住宅などもけっこうあります。神社の前の「筑土八幡町交差点」です。
e0163471_17313244.jpg

 社殿は石段を登った上にあります。江戸名所図会の記述によると、昔はこの神社の横に津久戸明神(現在の築土神社)があったとこですが、1945年に移転しています。この築土神社のほうも神社の名称や所在地が転々としているようなので、筑土八幡神社という名前の由来については、いろいろと考えさせられます。
 ちなみに、むかって左側、かつて津久戸明神があったところには現在、「御受難修道会 東京修道院 みことばの家」というカトリックの施設があります。
e0163471_17314789.jpg

 社号碑です。
e0163471_1732278.jpg

 「田村虎蔵先生顕彰碑 入口」。石段上がったところに顕彰碑があるので、その入り口を示す碑のようですね。
e0163471_17322529.jpg



 境内にいたる石段を登ります。
e0163471_17324482.jpg

 石段の半ばに鳥居があります。新宿区内最古の鳥居とのことです。
 新宿区登録有形文化財 建造物
石造鳥居
          所在地 新宿区筑土八幡町二-一
          指定年月日 平成九年三月七日
 石造の明神型鳥居で、享保十一年(一七二六)に建立された区内で現在最古の鳥居である。高さ三七五センチ、幅四七○センチ、柱三五センチ。
 柱に奉納者名と奉納年が刻まれており、それにより常陸下館藩主黒田豊前守直邦により奉納されたことがわかる。

 新宿区指定有形民俗文化財
庚申塔
          指定年月日 平成九年三月七日
 寛文四年(一六六四)に奉納された舟型(光背型)の庚申塔である。高さ一八六センチ。最上部に日月、中央部には一対の雌雄の猿と桃の木を配する。右側の牡猿は立ち上がり実の付いた桃の枝を手折っているのに対し、左側の雌猿はうずくまり桃の実一枝を持つ。
 二猿に桃を配した構図は全国的にも極めて珍しく、大変貴重である。

  平成九年五月    新宿区教育委員会

境内設置説明板より
e0163471_1734018.jpg

e0163471_17341244.jpg

e0163471_17343737.jpg

 石段の途中に「筑土八幡町遊び場」として遊具などが置かれている場所があります。
e0163471_17345640.jpg



 石段を登ると玉砂利を敷いた境内に入ります。向かって左側の玉垣に「株式会社 熊谷組」とあります。境内設置の説明板にも請負業者としてわざわざ記されていたくらいですので、それなりの負担をしているようです。
e0163471_17351031.jpg

 石段を上から。
e0163471_17352916.jpg

 目線を上げると「熊谷組」の本社ビルが見えます。企業そのものが氏子ということなのでしょうか。
e0163471_17354446.jpg



 境内入って左手には、石段下に入口が示されていた、「田村虎蔵先生をたたえる碑」があります。この手の歌は、今でも子供たちに歌われているのでしょうか?
e0163471_17355926.jpg

 神輿庫です。一応中にある神輿も見られるのですが、上手く写真を撮れませんでした。神輿についての張り紙には以下のように記されています。
 神輿について
右側の黒い漆塗りの神輿は、延宝六年(西暦一六七八年)に、当時の氏子崇敬者が御神徳に報謝して製作したもので、戦前から昭和四八年までの渡御に用いられました。
左側の白木の神輿は、鉄製の飾り綱、支え棒のついた重厚で堅牢な造りで、慶應二年(西暦一八六六年)に製作されたものです。昭和五二年に修理されて、その後の渡御に用いられています。

e0163471_13342315.jpg



 こちらは、境内右側にある手水舎です。
e0163471_17375236.jpg

 手水舎の奥には井戸(?)があります。
e0163471_1738108.jpg



 手水舎の隣には大きな銀杏の木があり、そばに境内社や庚申塔があります。
e0163471_17382898.jpg

 庚申塔の横にあるのは百度石でしょうか。
e0163471_17385011.jpg

 庚申塔です。詳細は鳥居のところにある新宿区教育委員会による説明にあるとおりです。
e0163471_17391128.jpg



 宮比神社です。手前の小さな鳥居は享和2年(1802年)のものです。
e0163471_17522880.jpg

e0163471_17524339.jpg

e0163471_1753076.jpg

 宮比神社の左隣の建物は神楽殿でしょうか。
e0163471_1753195.jpg

 さらにそのとなりには社務所があります。
e0163471_1753574.jpg



 境内の奥、玉垣に囲まれて拝殿、本殿があります。
e0163471_17542722.jpg

 社殿は比較的新しく見えますが、昭和38年(1963年)のものなのでそれなりに年月は経ています。補修をちきんとおこなっているのでしょう。
e0163471_17545330.jpg

e0163471_17551741.jpg

 拝殿前には、津久戸若者中によって文化7年(1810年)に奉納された狛犬があります。
e0163471_17553934.jpg

e0163471_1756026.jpg

e0163471_17561641.jpg

e0163471_17563394.jpg

 天水桶は文政二年(1819年)の奉納のようです。書かれている年代そのままとするとそれなりに古いもののようですので、錆だらけの現状はもうちょっと何とかしたほうがいいのではないでしょうか?
e0163471_17565184.jpg



 拝殿側から境内入り口方向を望む。
e0163471_17571031.jpg

 拝殿の左側から神社の裏手へ抜けられます。
e0163471_17572546.jpg

 本殿です。社殿にあった、筑土八幡神社復興奉賛會による社殿復興奉納金の一覧によると、本殿はまるごと熊谷組の寄進のようです。
e0163471_17573998.jpg



写真撮影:平成23年12月20日
[PR]
by st22 | 2012-04-13 17:57 | 寺社