柏木神社 (北区神谷2丁目)

柏木神社 (北区神谷2丁目)
e0163471_17261890.jpg

住所:北区神谷2丁目



祭神:伊邪那美命

例祭日:隔年9月

境内社:稲荷大神

由緒:
  柏木神社の由緒
 柏木神社は、元享年間(西暦一三二一年)に神谷三丁目の荒川に面した地に、伊邪那美命(女神)を御祭神とする神谷町の総鎮守神の社殿として建立された。
 安産の神として崇められると共に、荒川を上り下りする舟の水路の安全を祈る「交通安全」の神様としても有名であった。
 その昔は社域は広大で、神楽殿もあり、多くの樹木の聳える荘厳な森に囲まれていたが大東亜戦争が激化するに伴い、境内は軍需工場に接収され、昭和十八年[1943年]十二月現在地に遷宮された。
 昭和五十四年[1979年]八月神谷町内外の氏子有志の奉賛により、現在の社殿が建立され、今日に至っている。
     昭和五十六年[1981年]九月 吉日 柏木神社

境内設置説明板より。[ ]内ブログ作成者註。
e0163471_17302165.jpg


 公式のウェブサイトもないようですし、ネットでこの神社を調べてもあまり多くの情報は出てきませんが、北区まちづくり公社が発行する冊子『街よ!元気になれ』に『わがまちの鎮守様「柏木神社」』と題する記事があり、この中で簡単に紹介されていました。



以下、写真および雑感



 周囲は比較的静かな住宅地です。大きな鳥居に迎えられます。
e0163471_17281483.jpg


 一段高くなったところに社殿等がありますが、その下は樹木もなくただ砂利が敷かれているだけです。さらにこの部分には玉垣がなく生垣で囲われているだけなので、個人的には神社らしさが足りないようで、物足りなく感じてしまいます。(生垣自体は良く手入れされていて、きれいな花を咲かせていました)
e0163471_172952100.jpg

e0163471_1730940.jpg




 境内の南側にも鳥居があり出入り口があります。
e0163471_17411047.jpg


 南側の道路から。北区の花がつつじだからでしょうか?この付近の道路や集合住宅の植え込みなどあちこちでつつじ(と思われる花)を見かけました。
e0163471_17412164.jpg




 境内に入ってすぐ左手、北側には社務所があります。
e0163471_17413222.jpg


 手水舎が続いてあります。
e0163471_17414577.jpg




 一段高くなった部分は玉垣に囲まれ、神社らしい雰囲気が出ています。
e0163471_17415835.jpg


 拝殿前には二対の狛犬がいます。手前の古い方は、嘉永四年(1851年)奉納ですから以前の所在地から移したものでしょうか。奥の新しい方は、昭和五十四年(1979年)に社殿を新しく建立したときに奉納されたようです。
e0163471_17421587.jpg

e0163471_17422649.jpg


 拝殿です。
e0163471_17424195.jpg

e0163471_17425354.jpg




 拝殿の左手側を奥に進むと石祠などがあります。
e0163471_1743927.jpg


 建物の陰に日露戦役記念碑があります。
e0163471_17432410.jpg

e0163471_17433855.jpg


 奥には、石の祠や古い扁額があります。
e0163471_17435331.jpg


 祠は結構古いもののようですね。×つけられていますけど宝暦八年(1758年)でしょうか?
e0163471_1744118.jpg

e0163471_17442577.jpg


 隣の石碑。かつて表面に文字があったのでしょうか?今はなにもありません。
e0163471_17445239.jpg




 社殿の側面です。
e0163471_174585.jpg




 こちらは、境内の右手側にあるお稲荷さんです。
e0163471_17452638.jpg

e0163471_17454139.jpg


 祠自体はそれほど大きくありませんが、鳥居や石狐など台座などで大きく見えます。欠けてしまった古い狐もおかれています。
e0163471_1746953.jpg

e0163471_17462176.jpg


 祠には「稲荷大神」と彫られています。側面の文字は再度彫ったような感じがします。享保三年(1718年)の文字が見えます。
e0163471_17463418.jpg

e0163471_17464545.jpg




 お稲荷さんの奥に石碑があります。表面が欠けて判読できない部分も多いのですが、湯殿山などが読めます。出羽三山講の参拝記念碑でしょうか?
e0163471_1751891.jpg




 最初に述べたように、この神社に最初入ったときは、普通の公園に来たようなちょっとした物足りなさというような違和感を感じたのですが、神社の中をまわるうちに、地域とのつながりや歴史を感じて違和感は解消されていきました。



写真撮影:平成24年04月29日
[PR]
by st22 | 2012-08-24 17:26 | 寺社